お金に使われている紙のことから歴史まで、色々な側面からお金を解説します!

MENU

 

たくさんの一万円札

 

人が生きていくためには、お金は非常に大切な存在です。
人生お金が全てではないですが、お金を最優先に考えている人も多いのではないでしょうか?

 

衣食住をはじめ遊びや癒しなど、何をするにもお金が必要ですし、人はお金のために仕事をします。

 

民主主義になってからは格差も大きく、平均収入を大きく下回る人もいれば、一般人の生涯収入を驚くような短期間で稼いでしまう人もいます。

 

一度はお金について何かしらの疑問を抱いた事はありませんか?
当サイトでは、お金の不思議や豆知識を紹介しながら、疑問を解決いたします。

 

 

お金とは

 

「お金の歴史」のページでも紹介していますが、非常に古い歴史を持っています。

 

もともと人は組織で行動していましたが、文明が発達するにつれて個人単位で生活するように変わってきました

 

わかりやすく例えると、お金ができる前は村単位などで人間は共同生活をして、全員が平等もしくは、村長などその組織の長の判断で食料を分配していました。

 

しかし、平等ないわゆる共産主義の生活だと、真面目に働いている人と、仕事をしないで遊んでいる人も同じ対価になってしまい不満を抱く人が増えていきます。

 

こうした背景があり、個人もしくは世帯やグループ単位で独立した生計を立てるようになります。

 

しかし、個人など小規模単位の場合、農業や酪農、漁業など何かしらの分野に特化せざる得ない状況です。

 

完全自給自足をするよりも、村の中で農家と漁師が穀物と魚介類を交換するなどして、生活をするのは必然的な流れです。

 

こうした傾向が進むと、食料だけではなく、住居の建築や修理などを専門に行う人が、何かサービスをする対価として食料を求めるなど幅広い職種ができるようになってきます

 

ただし、こうした物々交換だけでは生活は安定しないですし、季節的な問題や保存が効かない食料が有効活用できないデメリットができてします。

 

そして人は、物々交換の中の一つとして金銀銅など固有資産での取引が増えて、そしてそれが硬貨などのお金に変わっていきました

 

つまり、お金とは人が生活するための手段として必然的に構築されたルールです。

 

お金は常に進化を遂げて、自動販売機など機会でお金を呼び込むようになり、近年では電子マネーとしてカードやスマートフォンをお金の支払いで活用できるようになりました。

 

 

 

お金は増えている

 

現在発行されているお金は、日本国内の場合は日本銀行が管理して必要に応じて増やしています。

 

原則、お金はルールや取り決めなく増やす事はできません。
日本銀行は古くなったお金を回収して、随時新しい紙幣や硬貨に交換しています。

 

新しいお金を投入するのは、主に日銀金融政策決定会合の内容に応じて、景気の刺激などを目的に流通するお金を増やしています

 

近年はアベノミクスの影響でお金が増える割合が増加しています。

 

ただし、純粋にお金が増えているのとは若干ニュアンスが違います
国債なども含めて国は必要なお金を調達するために借金を繰り返しています。

 

2015年度末の日本の借金は、およそ1,049兆円で国民1人あたり約829万円の計算になります。
国の借金は長年増加傾向が続いています。

 

個人の借金、特に闇金でお悩みの方はこちら(⇒闇金相談

 

 

 

お金は世界各国で様々な通貨が流通している

 

様々な通貨

 

お金は日本では円が使用されていますが、アメリカはUSドルなど、世界の国々で様々な通貨が流通しています。

 

世界の通貨は両替することも可能です。

 

日本で作られたものが世界で売れれば(輸出事業が好調)日本の円の価値が高くなります。
逆に世界が日本の物や観光に興味が薄れると円の価値が薄れていきます

 

こうした需要と供給のバランスで、世界的に見た各国のお金の価値は随時変動しています。

 

 

 

お金には様々な使い道がある

 

お金の使い道は物を買うだけではありません。

 

余ったお金は銀行に貯金すれば利息がもらえますし、証券や事業に投資をすれば増やす事もできますし、思い通りの結果にならなければ減ってしまいます。

 

お金が足りない人と、たくさん持っている人とでは貸し借りを行い、必要に応じて利息が発生します。

 

世の中には、何も仕事をしなくても定期的に大金が入ってくる人もいれば、借金が多すぎていくら働いても手元にお金の残らない人もいます。

 

また、日本ではお金がなくても生きていく権利を持っているので、お金がなく働けない事情があれば生活保護などで生活に必要な最低限のお金を確保することもできます。

 

 

 

お金持ちは、お金の事をよく理解している

 

お金について理解しているお金持ちの人

事業で成功する人など、お金持ちは、お金の事をよく理解しています

 

これは、お金の歴史など豆知識が豊富という事ではなく、どういった所にお金が集まっていくかなど、お金の性質をよく分かっています

 

逆にお金の事をよくわかっていない人は、宝くじや遺産相続などで大金を手にしても、すぐに財産を溶かして元通りの生活に戻ってしまします。

 

お金の事を勉強する事は、お金を増やす事にも通じる部分があります。

 

当サイトでは、お金の様々な性質や豆知識を紹介しています。